住友林業 坪単価

無料!各ハウスメーカーの間取りや費用総額表がもらえます♪

 

住友林業の坪単価はいくら?

住友林業の坪単価は、

 

 

 

70〜80万円 / 坪当たり

 

 

 

程度が目安と言われています。

 

 

 

ちなみに、住友林業で建てられた方の平均的な坪単価は、

 

 

 

75万円 / 坪あたり

 

 

 

となっていると言われています。

 

 

 

全国的ハウスメーカーの平均的な家の大きさは43.3坪と言われていますので、住友林業で平均的なサイズの家を建てようとすると、

 

 

 

約3300万円との計算になります。

 

 

 

但し、この金額は建物の本体のみですので、
これ以外にかかる、ローンや登記などにかかる諸経費、
外構・塀・車庫や照明、カーテン、空調機器などは含まれておりません。

 

これらの設備にも、400万円以上は必要になるかと思います。(安い物を買えばもう少し安く抑えられます。)

 

ですので、

 

3700万円

 

ぐらいの予算がないと、住友林業の平均的な家が建たないということにもなります。


住友林業の坪単価の相場は!?

日本の一般的なサラリーマンの人生の目標であり喜びでもある夢のマイホーム生活ですが、

 

 

 

長年の不況によってそう言った夢を諦める人が多かった状況も、

 

 

 

日本の景気回復の兆しが見え始めてきたことによって、夢のマイホーム生活を実現する人たちが増え始めています。

 

 

 

それらのマイホーム生活を実現させた多くの施主たちの間で注目されている、

 

 

 

今一番人気のあるハウスメーカーの大手建築企業と言えば住友林業と言う業者です。

 

 

 

そこで気になるのが住友林業の坪単価ですが、数あるハウスメーカーの中でも高級感を売りにしている一面もあり、

 

 

 

一般的なローコスト住宅のハウスメーカーの坪単価の相場よりも高めの印象を受けます。

 

 

 

しかし相場よりも坪単価の価格が高めな分、その住宅自体のクオリティーも価格に比例した分だけ高品質になるので、

 

 

 

より充実したマイホーム生活を将来送りたいと考えているサラリーマンの方には、住友林業の提供する住宅がオススメできます。

 

 

 

クオリティーを問わないから相場よりも低めの値段で住宅を購入したいと考えている人も中に入るでしょうが、

 

 

 

やはり一生に一度の大きな買い物なのですから、住宅の購入には真剣に向き合う必要があります。

 

 

 

相場から各ハウスメーカーの坪単価を比較するのも良いのですが、やはり住宅のクオリティーの高さと言うものも住宅選びには重要な要素なので、

 

 

 

品質に見合った坪単価を提供するハウスメーカーを選ぶと言う選択肢も、住宅と言う大きな買い物をする場合には重要な選択要素であるといえるのです。

 

 

 

その点住友林業ならば、建築住宅のクオリティーに釣り合うような坪単価の価格を設定しているので、安心して将来のマイホーム生活を準備することができます。

 

 

 

ローコストの住宅を望む人は相場より低めの坪単価のハウスメーカーを利用し、

 

 

 

ハイクオリティーの住宅を望む方は坪単価が高めでも品質に見合ったハウスメーカーの提供する住宅を購入すると言う住み分けが重要でしょう。

住友林業の坪単価、ビッグフレーム工法で建てた場合

住友林業の名前の通り木材住宅に強く、日本でも有数の人工林保有の会社ですから、木の住宅に関しては住友林業の腕前には一定の評価があります。

 

 

 

日本は見ての通り森林に囲まれた国ですから昔から国産の木造住宅が主流でした。

 

 

 

最近は輸入材の輸入により国産の木材はあまり見かけませんが、

 

 

 

それでも海外の森林伐採や自国の林業の衰退に歯止めをかけるために積極的に国産木材を使用している会社が増えつつあります。

 

 

 

住友林業もその一つであり、これからももっと国産の比重が増えていくと嬉しいですね。

 

 

 

住友林業と言えば「ビックフレーム構造」が有名です。

 

 

 

これは簡単に説明すると柱や壁を少なくして間取りを大きく取ることができる構法です。

 

 

 

窓を大きくすることができますし、そのために部屋全体が明るくなり、風通しも良くなります。

 

 

 

柱が少なると耐久性に不安がありますが、その点に関しては問題なく、重量感がある構造をもって木材住宅のビックフレーム構法を実現しています。

 

 

 

技術力があるからこそこのようなことができるので、この技術は住友林業の技術力を証明していることになりますから消費者にとってもメリットが起きいこのビックフレーム構法はこれからも人気が高まる事でしょう。

 

 

 

ちなみに「木造住宅は地震に弱い」と言われていた時代もありましたが、

 

 

 

住友林業の住宅は建築基準法にある耐久性の1.5倍を実現している耐久等級3の耐震性には問題ない住宅ですから木造であるからと言って地震に対する不安は少ないです。

 

 

 

住宅を建てる時に気になるのは費用です。

 

 

 

自分の条件に見合った家を建てるためには多少の予算オーバーでも頭が痛い悩みになります。

 

 

 

住宅価格を決める上で重要なのは坪単価です。

 

 

 

住友林業の坪単価は他社と比べて少し高めに設定されているとされます

 

 

 

40坪で80万円弱とされており、多少高さは感じますが、それは技術力の裏返しとも取れますし、何よりも「提案力がある」とされる会社の値段に裏付けられた自信ともとらえることができます。

住友林業のマイフォレストの坪単価

我が家は、マイフォレストで実際に家を建てました。

 

 

 

もともと建売住宅はできた間取りに合せて家具の配置を考えなくてはならないこと、

 

 

 

場合によっては限られたスペースに合せたものを新たに購入しなくてはならないなど、これまで気にいって使っていたものやこれから永くにわたり使っていくものに制限が発生してしまうことから望んでいませんでした。

 

 

 

その点注文住宅でしかも木のぬくもりを好んでいた我が家には、このマイフォレストは、絶好のプランでした。

 

 

 

注文住宅を選んだ理由は幾つかありますが、まずは間取りの自由設計です。家族構成はもとより将来を見据えた家の中の環境変化を想像しながら、子供部屋は仕切りを入れ独立させていいのか、

 

 

 

それとも家を出た時は、また続いた部屋にできれば広く使えるなどといった「こうしたいなぁ」から生まれる間取り、そして家の中の役割に即した導線や設備、例えば、家内の役割は主に家事です。

 

 

 

食品棚はどこの位置にどの程度の収納があればよいのだろうか、そして一日の多くを過ごす台所には是非、多くの日差しを取り込めるようにしたい、さらには洗濯機のある洗面から干場までの導線は近いほうがいい、

 

 

 

自宅介護を受けるようになった時のことを考え、手すりを付けるための補強を壁に施工したほうがいいのか、トイレのスペース、階段の幅は十分なのか、そんな願いを叶えてくれるのが注文住宅でした。

 

 

 

そしてマイフォレストしか持たない特徴が木材でした。

 

 

 

以前、住んでした建物は鉄筋建てでした。室内は確かに木造部分もありましたが、住んでみないと分からない木と鉄の身体がとらえる感じ方は、全く異なります。

 

 

 

心が安らぐのはやはり木造でした。外観もそうです。落ち着いた感じのデザイン、色合い、スタイル、外から見ても木造の高級感と優しさが伝わってきました。

 

 

 

因みに我が家は、納得いく設計で坪62.5万円位でした。一生を支えてくれる基盤です。大切にしていきたいと感じるものであって欲しい願いが詰った価格です。


住友林業の平屋の坪単価

家を建てるというと、若いひとが、今の賃貸からマイホームを建てる、という形がまず、浮かんできますが、家を建てるニーズはそれだけではありません。

 

 

特に、かつてマイホームを実現させた年齢の高い方が、ついの住まいとして家をあらためて立てる、というケースも多いのです。

 

 

こういった中で人気があるのが、やはり平屋です。年配の方にとって、平屋というのはやはり住みやすさの面でも利点が多いということがいえるのでしょう。

 

 

これまで住んでいたマイホームも、30年もすれば、老朽化も進んできます。だいたい、木造の家の寿命というか、老朽化が目についてくるのが、30年くらいだといわれています。こういった中で、新しく、家を建てたい、という方も多いのです。

 

 

そういった中で人気なのが、住友林業の平屋です。やはり木の家への愛着というのが、強いためだといえるでしょう。とはいっても、旧来の木造建築ではなく、

 

 

木のぬくもりを持っている、且つ機能性とセキュリティや耐震性を兼ね備えた、現代の木造平屋として、住友林業の平屋は、人気があるのです。

 

 

ただ、坪単価という面でみると、住友林業の平屋は高いという事がいえます。もともと、住友林業のシリーズは、坪50万を超えるものが多く、他のハウジングメーカーに比べても高めだというのが、一般的な認識です。

 

 

さらに、これにくわえて住友林業の平屋となると、坪単価としてはさらに上乗せになります。

 

 

というのも、平屋は通常の2階建てなどに比べて、単価が高くなる傾向になるからです。そもそも、屋根や基礎というのは単価が高いものです。

 

 

ですから、当然、こういったものの面積割合が大きくなる平屋というのは、比較すると坪単価が高くなってしまうのです。住友林業の平屋の単価としては、だいたい70万円を超えるという風に考えてよいといえるでしょう。

 

 

ただ、こういった高い価格に見合うメリットがあると考える人も多いのも事実です。

 

 

単価だけでは測れない住み心地というものもあります。コストパフォーマンスという見地でいくと、階段が無いので無駄なスペースができない、という意味で、

 

 

より面積を有効活用するともいえます。さらには、上下移動が無いので年配の方や、子供のいる世帯には、特に住みやすい家になります。こういった点に加え、木のつくりにこだわる方にとっては、住友林業の平屋の坪単価も、相応ということができると思います。

住友林業の値引きは可能なのか?

住友林業は値引きが、難しいハウスメーカーと言われています。

 

 

値引き額は、いろいろな事例がありますので、いくら値引きをしてくれると一概には言えません。

 

 

噂では、全体の5%値引きしてもらえれば良い方と言われています。

 

 

住友林業の値引きのポイントは、複数のハウスメーカーに資料請求をする事です。

 

 

他のハウスメーカーの費用を知らないまま、最初から1社に絞ってしまうと値引き交渉が進めにくくなります。

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」では、一度の入力でお住まいの地域の各ハウスメーカーの間取りプランや支払総額資料等が

 

 

無料で可能となっています。これから家を建てたいアナタは、いろんな間取りプランや支払金額を

 

 

比較してみてくださいね。